禁煙すると抜け毛が増える!?一気にハゲが進む驚きの理由がコレ!

禁煙 抜け毛 増える 薄毛

こんにちは、B東です。

 

突然ですが最近、タバコの値段、高いですよね。

 

私の職場の超ヘビースモーカーさんも、さすがにタバコひと箱に500円以上払うのは抵抗がある、禁煙しようかと話をしているようで、にわかに車内禁煙ブームが広がりつつあります。

 

ですがこの禁煙に関する話で、耳を疑うような噂も存在します。

 

それは「禁煙すると抜け毛が増える」というもの。

 

禁煙して健康を取り戻すというなら話は分かりますが、まさかハゲが進行するなんて想像もつきません。

 

そこで今回はこんなテーマを取り上げます!

禁煙 抜け毛 増える

 

抜け毛予防のため、健康維持のために禁煙を考えている方に読んでいただきたい内容です。

 

なぜ禁煙すると抜け毛が増えるのか

吸うことで本人だけでなく周りの人の健康も害する可能性があることが指摘されているタバコは、一害あって一利なしといわれるほど体に悪い情報が目立ちますし、ハゲを予防・改善するためには禁煙するに越したことがないというのは常識ですよね。

 

ですがツイッターやインスタなどを見てみると、反対に「禁煙したらハゲた」という経験談も少なくありません。

 

なぜ健康に良いはずの禁煙で、髪の毛が抜けてしまうのでしょうか。

 

実は禁煙するとハゲるのは、病気のせいでも体質変化のせいでもなく、「タバコを吸えないことによるストレスの増加」が最大の原因なんです。

 

禁煙のストレス

禁煙 抜け毛 増える

実際にツイッターなどにあふれている「禁煙したらハゲた」という声を拾ってみました。

 

 

禁煙したらハゲたという方のほとんどは、禁煙のストレスでハゲが進んでしまったという分析をされています。

 

実際タバコは非常に依存性が高く、ヘビースモーカーかどうかに関わらず禁煙する過程でストレスが伴うのが特徴です。

 

イギリスの精神科医師で、脳に対する薬物の影響や依存症の研究の権威であるデビット・ナット氏によると、タバコに含まれるニコチンは、ヘロインやコカインと言った違法薬物のほか、向精神薬・アルコールなどと並んで世界で最も依存度の高い物質とのこと。

 

依存度が高いということは、その分摂取しなかった時の禁断症状や心身へのストレスが強く現れるということになるわけで、禁煙をするという行為は、簡単に「禁煙すればいいじゃない」と他人事のように言い放つ非喫煙者には想像できないほどストレスのかかる行為なんです。

 

そのため、数あるハゲの症状のなかでストレスに依存するとされている「円形脱毛症」や、「瀰漫性脱毛症」といった、目に見えて髪が薄くなったとわかる症状が引き起こされやすくなってしまいます。

 

※参考(外部リンク)

>>デビット・ナット氏の研究サマリー

 

禁煙しなきゃしないでやっぱりハゲる

禁煙 抜け毛 増える

せっかく抜け毛予防のために禁煙を始めようと思ったのに、禁煙したらしたでストレスによるハゲの心配をしなければならないなんてありえないですよね。

 

禁煙してもしなくてもハゲるという話だけ聞くと、禁煙はツラいし、どうせハゲるならタバコを吸い続けてやる!と思ってしまう方もいるでしょう。

 

しかし喫煙を続けることのデメリットとして、血管収縮による頭皮の血行不良育毛に必要なビタミンCの過剰消費、さらにはM字ハゲやてっぺんハゲに代表される「男性型脱毛症(AGA)」の原因となるホルモンの生成が促進されてしまうことがわかっています。

 

しかもタバコは、数本にだけでなく周りの方の健康まで害してしまう可能性がありますし、毛髪環境以外にも体のあちこちを不健康な状態に追いやるやっかいな存在です。

 

タバコを吸う場合、吸わない場合、両方にハゲが進んでしまう要素がありますが、どちらかと言えば喫煙を続ける方が人生においてよりデメリットが大きいと言えます。

 

※あわせて読みたい♪

>>タバコを吸うとハゲるは嘘なの!?喫煙と薄毛・抜け毛の意外な関係!

 

禁煙のススメ

ハゲ予防のために、まずはタバコを止めてハゲにくい頭髪環境を整えたいところですね。

 

ですが禁煙は、絶対にしたほうがいいと頭では理解しているつもりでもなかなか完遂できないのも事実です。

 

そこでここからは、なぜ喫煙者は禁煙に失敗してしまうのかを詳しく確認していきましょう。

 

禁煙ストレスの正体

禁煙 抜け毛 増える

禁煙をすることで感じるストレスは、ニコチンの禁断症状が原因です。

 

先にもご紹介したとおり、タバコに含まれるニコチンは、ドラッグやアルコールなどにも引けを取らないほど依存度が高く、欠乏すると感じる禁断症状も信じられないくらい大きいのも、このニコチン依存症状の大きな特徴のひとつです。

 

タバコを吸わない方は、「禁煙すればいいじゃん」と気軽に考え、あたかも禁煙できない方のことを意志が弱くてだらしがない人間という見方をしてしまう場合があります。

 

ですがニコチン依存状態になっている方が、完全にタバコを手にしなくなるまでにはとても大変な覚悟と思いを持って禁煙ストレスと戦わなければならないことをわかってあげてほしいです。

 

禁煙が失敗するメカニズム

禁煙 抜け毛 増える

そもそも喫煙者の方がタバコを定期的にくゆらせるのは、体内にニコチンを摂取するためです。

 

ニコチンが脳に達すると、快楽物質として有名なドーパミンを分泌し、喫煙者は快感を感じます

 

そして逆に体内のニコチンが減少すると、それまで元気に分泌されていたドーパミンの量も減少し、ストレスを感じるようになっていきます。

 

タバコを吸わないことでうけるこのストレスは、ニコチンを体に取り込まなくなってからだいたい3日から7日くらいにピークを迎え、その後徐々に穏やかになっていくのが普通なのですが、ストレスが大きくなりすぎて、手が震えたり物事に集中できなくなったりといった禁断症状があらわれてくる場合も少なくありません。

 

禁煙に失敗する方の多くはこのニコチン禁断症状がピークを迎えるこの魔の期間に襲ってくる激しいストレスに耐えかねて、ついタバコをに火をつけてしまいます。

 

タバコは一息吸うだけで、ニコチンがものの数秒で脳に到達し、快楽物質であるドーパミンが分泌されるため、ニコチン希薄のストレス状態から喫煙によってドーパミンがどばどばと分泌されて快楽を感じるというギャップもあり、禁煙の苦しみよりもタバコを吸い続けることで得られる仮初の快楽を選んでしまう・・これが禁煙失敗のメカニズムです。

 

禁煙外来を利用しよう!

禁煙 抜け毛 増える

いくらハゲ予防のために効果があるとは言っても、禁煙は難しいものです。

 

なかには今から禁煙すると決めたら本当に禁煙できてしまう方もいるとは思いますが、ほとんどの方は禁煙することでやってくるストレスと戦うことになるでしょう。

 

インターネットなどでこの禁煙ストレスを軽減させる方法を調べると、以下のような内容がでてきます。

  • 飲み物を飲む
  • お風呂でリラックス
  • 自分をほめる
  • 家族や友人とともに過ごす時間を増やす
  • 音楽を聴く
  • 浮いたタバコ代で好きなものを買う

 

どれもこれも、1度は聞いたことがあるような内容ばかりですね。

 

でも、昔から聞く割には、あまりこの内容だけで禁煙に成功したという成功例は聞きませんよね。

 

それくらい自力での禁煙は難しいのです。

 

そこでおススメしたいのが、テレビなどでもよく紹介されている「禁煙外来」を利用する方法です。

 

禁煙外来を利用する

数年前までは、禁煙=自分だけの孤独な戦いという構図でしたが、最近はいろいろな病院やクリニックに「禁煙外来」という、ニコチン依存症を病気ととらえて治療という形で禁煙をサポートしてくれる診療科が存在します。

 

禁煙外来では、一気に禁煙を断行するのではなく、徐々に体内に取り込むニコチン量を制限していくという方法を基本に、口に含むニコチン含有タブレットや、肌に張るタイプのニコチン摂取シートなどを使いながら、徐々にニコチンがなくてもストレスを感じない体に変化させていくお手伝いをしてくれます。

 

自分の医師で禁煙できないと自分を責める方も多いですが、ニコチン依存症はれっきとした病気です。

 

後ろめたさなど感じる必要がありませんので、気軽に相談しに行くのがおすすめですよ!

 

まとめ

禁煙すると抜け毛が増えるという話がウソなのか、ホントなのかについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

喫煙が頭髪環境によくないのは想像できると思いますが、まさか体によいはずの禁煙で抜け毛が増えるなんて考えもしなかったですよね。

 

禁煙で抜け毛が増えてしまうのは、禁煙することで感じる強烈なストレスが原因ですが、それでもやはり長い目での健康維持と頭髪環境の改善のために、禁煙は絶対にしたほうがよいです。

 

なんども禁煙にチャレンジしては失敗しているという方も、タバコを買うお金がもったいないからそろそろ禁煙したいと考えている方も、自力でニコチン依存症という病気と闘うのではなく、安価に診察を受けることができる禁煙外来の受診を念頭に置いて取り組むと、無理なく失敗なく禁煙を成功させる可能性が高まります。

 

そこまでして禁煙したいと思わないという方もいるかと思いますが、ご自身の髪の毛を守る意味でも、まずは禁煙外来を受診してみてはいかがでしょう^^

 

 

なたにおすすめな関連記事