髪の毛は秋によく抜ける!?夏に受けた髪のダメージをケアする方法!

秋 髪の毛 抜ける 薄毛

こんにちは、B東です。

 

好きな寿司ネタはコハダです。

 

突然ですが、「秋は髪の毛が抜ける季節」って知ってました?

 

私は知りませんでした。

 

だってワタシ、秋に限らず年中抜け毛が多いんですもん、季節と抜け毛って関係があるなんて想像もしませんでした。

秋 髪の毛 抜ける

 

でも先日、手荒れの治療のために通っている皮膚科の先生から、「秋は髪の毛抜けるから気を付けなよ~」と相談もしていないのにアドバイスされ、ドキッとしたんですよね。

 

そんなに私、髪ヤバいのかな・・・

 

ということで今回のテーマはコレ!

 

秋 髪の毛 抜ける

 

秋になって抜け毛が増えたと感じているアナタ!必見です!

 

秋は髪の毛が抜ける季節

秋 髪の毛 抜ける

私たちの髪の毛は、毎日平均で約50〜100本ほどが自然と抜けており、新しく生える髪の毛とバランスを保っています。

 

100本と聞くとドキッとしてしまいますが、私たちの頭皮からは思っているより多くの髪の毛が抜けていき、多くの髪の毛が生えてくるんです。

 

そのヘアサイクルが秋には若干変化し、人によっては他の季節の倍の200本以上が抜ける方もいるようです。

 

抜け毛が増えるのに合わせて、髪の毛が細くなったとか、頭皮に異常があったりするケースは病気などの影響も考えられるため適切なケアが必要となりますが、そうでない場合は心配するほどのことではありません。

 

とはいえ、お風呂上りなどに目に見えて抜け毛が増えていると、不安になりますよね。

 

そこでここからは、秋に抜け毛が増える原因について考えていきましょう。

 

秋は体毛が生え変わる

秋 髪の毛 抜ける

犬や猫などを飼っている方はご存じだと思いますが、生き物は特に四季がはっきりしている地域では体毛が抜け替わるのが普通です。

 

汗をかいたり服を着たりすることで温度調節ができる人間は、汗をかけないその他の動物に比べれば体毛の生え変わりが必要ではありませんが、それでも季節によって体毛を変化させる動物としての機能が生き残っていると考えるほうが自然ですよね。

 

人間の毛髪は、他の動物のようには夏用・冬用の体毛に生え変わるといった変化はしません。

 

しかし季節の変わり目、とくに暑い季節から寒い季節に移り変わる秋は、その変化に順応するために他の時期よりも自律神経が乱れやすくなるほか、ホルモンバランスも不安定になりやすいです。

 

季節の変わり目に活発に生え替わる毛髪は、この自律神経やホルモンバランスが乱れるとダイレクトに影響を受けますので、日ごろからのケアが重要となってくるのです。

 

夏に受けたダメージ

秋 髪の毛 抜ける

夏は屋内と屋外の温度差や冷たすぎる室内温度、身体を冷やす食べ物を摂りすぎると言った原因から冷え性や自律神経の乱れがどが起こりやすい季節です。

 

またここ数年は記録的な猛暑となる日が多く外で運動すると危険な気温の日が続くせいで慢性的な運動不足になってしまうといった都合もあり、身体の代謝能力が著しく低下して頭皮や毛髪にも必要な栄養や酸素が届きにくい環境が続きます。

 

本格的な暑さがなくなる秋は、夏の間に受けたこれらのダメージから回復する必要がある季節なのですが、食欲の秋という言葉にあやかっての暴飲暴食や寒暖差による体調不良などの影響から十分なケアが行えない場合も少なくありません。

 

秋に髪の毛が抜けやすいのは、夏の時期に私たちの身体が受けたダメージの蓄積も原因の一つなのです!

 

紫外線の影響

秋 髪の毛 抜ける

紫外線は肌や髪の奥にしっかりと入りこみ、老化の原因となる活性酸素を発生させることが知られています。

 

この肌の老化がシワや肌のシミの主な原因なのですが、同時に頭皮や髪の毛そのものの老化にもつながります

 

よく紫外線は春先から日差しの強い夏に対策が必要という話を聞きますが、頭皮環境のケアという観点からいうと、基本的には季節に関わらず紫外線対策を行うべきです。

 

特に夏は強い日差しから身を守るために、しっかりと日焼け止めを塗ったり帽子や日傘などを利用したりして紫外線対策をバッチリ行っている方は多いですが、日差しが落ち着く秋口になると、急にそれらの紫外線対策をしなくなってしまう方がほとんどではないでしょうか。

 

日中、顔の2~5倍もの紫外線を浴びていると言われている頭皮や毛髪は、対策が行われなくなった秋や春先に紫外線の影響をうけてしまいます。

 

抜け毛や薄毛が進行する原因の一つと考えられますので、雲一つない晴天の下を歩く時間が長い日は、油断せずに紫外線対策を行うことをおススメします。

 

秋こそ毛髪環境を整えよう!

秋 髪の毛 抜ける

夏に蓄積された頭皮や毛髪のダメージや生活習慣の乱れなどから、抜け毛が増えやすい状態となってしまっている秋ですが、逆に言うと夏特有のたストレスがなくなった秋こそ、毛髪環境のケアに最適な時期とも言えます!

 

ここからは秋におすすめの抜け毛対策をご紹介します^^

 

食べ物で代謝アップ!

秋と言えば食欲の秋!なにもかもがおいしく感じられる季節ですが、だからと言って暴飲暴食は避け、髪の毛の発育のためのメニューを取り入れることを意識してみましょう。

 

おススメなのは「身体を温める料理」です。

 

なかでも体の芯から温まる食材を利用した料理や、温かさが持続するとろみのついた料理がおすすめ。

 

なお同じく体を温める料理でも、瞬間的に汗をかく料理は、確かに体が熱くなりますが持続性は低く、大量にかいた汗のせいでむしろ体が冷えてしまって代謝がダウンしてしまうことにもなりかねませんので注意しましょう。

 

①おすすめ食材:しょうが

秋 髪の毛 抜ける

身体を温めることで有名なしょうがですが、実は調理方法によっては逆に体を冷やしてしまう食材でもありあますので、確認しておきましょう。

 

しょうがに含まれる、身体を温めることに関連する成分は「ジンゲロール」と「ショウガオール」の二つです。

 

生のしょうがの辛み成分でもある「ジンゲロール」は、指先や頭皮などの末梢部の毛細血管を拡張させる効果があり、積極的な摂取は汗が出るような温かさを伴います。

 

ただこのジンゲオールの持つ「末梢部の毛細血管を開く」効果は、体を温める以上に体の熱を体外に放出してしまう効果が強く、体温を下げる効果が顕著です。

 

その点、しょうがを加熱したり乾燥させることで発生する「ショウガオール」という成分は、胃を刺激して体内の血行を促し、体を内側から温める効果があります。

 

そのため、代謝改善のためにしょうがを用いる場合は、生しょうがのままではなく熱を通した状態のしょうががおすすめです。

 

②たんぱく質

秋 髪の毛 抜ける

髪の毛は、90%以上がたんぱく質からできています。

 

そのため、たんぱく質を豊富に含んだ大豆や豚肉をつかった料理が抜け毛・薄毛対策にもってこいです。

 

たんぱく質を多く含む食材は納豆や卵、牛肉などいろいろありますが、前にご紹介したしょうがとの相性バッチリの豚肉はイチオシです!

 

薄毛やハゲに悩む男性諸君、日本が誇る神料理・生姜焼きを食べましょう!(笑

 

③ビタミン類

秋 髪の毛 抜ける

強く丈夫な髪の毛を作るためには、良質なたんぱく質のほかにビタミン類も必要です。

 

ビタミン類はバランスよく摂取するのが望ましいですが、とくに細胞の老化を抑えて毛髪の健康を維持するビタミンAに加え、代謝を促進し育毛に効果が期待できるビタミンB群、頭皮細胞や毛髪・血管などの生成と修復に欠かせないビタミンC、さらには血行を促進させるビタミンEなどの摂取がとても大切です。

 

ビタミンというと果物をイメージしがちですが、ビタミンAはレバーやうなぎ、パセリやバジルといった食材に多いですし、ビタミンEは魚介類に多く含まれています。

 

ひとつずつの成分がどの食材に多く含まれるかをいちいち気にしているわけにはいきませんから、とにかく偏った食事内容を見なおし、バランス重視の食事を心がけるのがよいですよ!

 

※関連リンク

>>なぜタバコで抜け毛が増えるのか・・その恐ろしい真実がコレ・・!

 

まとめ

秋は髪の毛が抜けやすいという話について、くわしく解説してきましたがいかがだったでしょうか。

 

今回おすすめした秋の抜け毛対策は次の通りです。

  • 生活を改善し、自律神経とホルモンバランスを整える
  • 秋こそ紫外線対策をしよう!
  • 加熱または乾燥したしょうがが効果的!
  • バランスの良い食事を心がけて!

 

もともと髪の毛が抜けやすい秋は、夏に受けた頭皮や髪の毛のダメージも相まって正しいケアをしなければ抜け毛や薄毛が進行してしまう可能性まであります。

 

ただきちんと対策すれば、抜け毛が増えやすい環境を逆転できるチャンスの季節でもありますので、季節の変わり目の今、日ごろの生活習慣を見直して環境から抜け毛を減らす取り組みをしてみてはいかがでしょうか!

 

なたにおすすめな関連記事