複利とは?株式投資×複利で資産を最大化する具体的な方法を解説

お金の勉強

 

ひでき
こんにちは!

今日は『複利とは?株式投資×複利で資産を最大化する具体的な方法を解説』をテーマに解説します!

 

今日もマネーリテラシーを高めましょう!

テーマは『複利の効果とは?』です。

 

投資のことを少し調べれば必ず聞いたことがあるキーワードの一つ。

何となくお金が増えていきそうな感じはするけど‥。という方のために複利とは?ついて分かりやすく解説します。

 

また、記事の後半では『複利を最大限利用して資産拡大する”具体的”な方法』についても解説をします。

 

複利とは?分かりやすく解説

複利とは『利子にもまた利子がつくこと』です。

 

例えば、元金が100万円・利回り5%で運用した場合、1年後には105万円になります。この5万円が元金に対してついた利子。

この5万円を含め105万円を再投資した場合、1年後には110万円になるのではなく110万2500円になります。この2500円は利子である5万円に対してついた利子です。

このように、利子に対しても利子が付くことを複利といいます。

 

ひでき
この複利の効果は長期間になればなるほど威力を発揮するという特徴があります!

 

以下の表を御覧ください。

ゆきこ
目がチカチカするよ~、、サヨウナラ…。

 

ちょっと待って!すぐに理解できるので!

 

複利運用と単利運用で30年間運用した結果を表した表です。(元金100万円・利回り5%で運用)

1年目(1年後)は105万円なので結果は同じですが、2年目から差額の欄に差分がでています。(複利の方が利益が出ている。)

 

10年前を御覧ください。

複利運用が162万8895円に対して、単利運用は150万円、その差額は128,895円にも開きました。

 

更に、20年後は差額が653,298円まで開き、30年後にはなんと1,821,942円と200万円近い差額が。もちろん、複利運用の方が利益額が高くなります。

 

ゆきこ
なるほど、なんとなく凄さが分かってきたかも!!

 

そう、それでいいんです。

とにかく投資を考える時に複利の効果を知っておくことが重要。そうすれば利回りの考え方も自然と身についていきますからね。

 

元金を2倍にするまでの期間が5年も違う!

例えば先ほどの表で複利運用の15年目を御覧ください。

この時点で200万円を超えていますが、単利運用の場合は175万円にしかなっていません。

 

単利運用が200万円を超えたのは20年になってから。

 

元金である100万円を2倍に増やすまでにかかる期間を見ても5年もの違いが出てしまうのです。

複利の威力を分かっていただけましたでしょうか?

 

ひでき
複利の威力を理解できた所で、次からはより実践編に移っていきましょう。

複利の効果を最大限活用して資産を拡大させていく手順を解説します!

 

複利を最大限活用して資産拡大する方法

ここからは、複利の効果を利用して資産拡大をする方法に関して具体的に解説をします。

複利を使い資産を増やすには株式投資がおすすめです。

 

自動積立投資

私のような投資初心者や、会社員をやりながら資産運用を考えているなら毎月定額による積立投資がおすすめです。

インデックスファンドなどの投資信託なら少額からの積み立ても可能です。

>>インデックスファンドとは?(準備中…)

 

以下の画像は私が投資しているS&P500のインデックスファンド。(楽天証券から)

赤枠の部分を御覧ください。こちらで積立投資を行うことができます。

 

毎月定額での積み立てが可能なので、リスク許容度の範囲内で自ら決めたポートフォリオ上限を超えない金額で投資を行いましょう。

 

以下が今日時点のS&P500の実績。金額は伏せさせていただきますが、こちらも赤枠を御覧ください。

『再投資型』となっていますね。これが利息部分含め再投資を繰り返す設定となります。

 

ちなみに、複利からは少し話がそれますが、S&P500の損益率だけお見せしておきます。

特定口座が18.42%、つみたてNISAに限っては20.03%と20超え!!!

さすがにこれがずっと継続するとは考えていませんが、それにしても物凄い利率ですよね。

 

ひでき
あなたがもし、完全な投資初心者なら、つみたてNISAから始めることをおすすめします。

明日から、、いや今日から手続きを始めましょう。まずは証券口座を開設するのですが、楽天証券がおすすめです。(画面操作も分かりやすくて良い)

政府公認で税金のメリットも多くやらない手はありません。

複利の効果を得るためにも早く始めた方が絶対に良いので、騙されたと思ってすぐに始めましょう!

 

手数料が低い投資信託を選ぶ

投資だけに限った話ではありませんが、手数料は低いに越したことはありません。

特に投資は年利数パーセントの世界ですし、1%違うだけで10年後、20年後の手元に残るお金が全く違ってきます。

それは冒頭でお見せした複利と単利の比較表でも明らか。

 

例えば、利回りが5%と4%では以下のような結果になります。

10年後は10万円程度ですが、20年後や44万円、30年後に限っては110万円以上の差が出ています。

たった1%、されど1%なのです。手数料を無視して投資の世界で成功はないと言っても過言ではないでしょう。

 

おすすめ投資方法

上記で解説した通り、複利の効果を最大限発揮して資産を拡大するには手数料を意識しなくてはいけません。

そこで最低限必要な事は『ネットの証券口座を開設して自分で選択して購入』するということ。

 

ネット証券であれば窓口のような無駄な手数料は取られません。

後は優良で手数料が低い投資信託などに投資するだけ。

 

ひでき
先ほど画像でお見せしたS&P500も非常におすすめです。

こちらが管理費用の項目ですが、管理費用は0.0968%です。

 

これが高いのか低いのか良く分からない!という方も多いと思いますが、非常に低いです!

また、実際におすすめする投資信託などの情報はまた別の記事で解説をしたいと思います!

 

NGな投資方法

先ほどとは逆で、絶対に行ってはいけないNGな投資方法をお伝えします。

 

  1. 銀行や証券会社の窓口で購入
  2. 保険一体型の投資信託を購入

 

株を買うと聞いて証券会社をイメージした方は危ない!!!

CMでも『あなたの資産を一緒に守ります!』的な印象操作で資産運用の相談なら銀行や証券会社の窓口に行けばいいんだな!と考えている方も多いはず。

 

ですが、窓口に行って契約をする、これは投資の世界では絶対NGです。

なぜなら、無駄な高額手数料を取られてしまうからです。それならまだ良いですが、手数料がバカ高いぼったくり投資信託を購入させられてしまう危険性が高いのです。

 

銀行員や証券会社の社員は顧客(私たち)のことなんて考えていません。自分の成績が一番なので、手数料が高いこと(打った時の自分の報酬が高い商品)だけで商品をすすめてくるのです。

その証拠に、銀行の窓口でS&P500をおすすめされることは絶対にありません。

 

  • 低コスト(管理手数料などが非常に安い)
  • 低リスク

 

でありながら、銀行に預けておくよりも圧倒的に多くのリターンをもたらしてくれる優良な投資信託や株式投資先の企業は沢山あります。

しかも、その状況はYOUTUBEやブログなどネット、そして本などから簡単に入手することが可能なのです。

もちろん、今後はこのサイトでもおすすめする投資信託などを解説していきます。

 

窓口に行き誰かに相談したくなる気持ちは分かります。特に初めてやることなら猶更。

でも、絶対に窓口に行って相談することだけはやめておきましょう。

 

ひでき

もう一つ、窓口つながりで。

保険と一体型の投資信託がこの世には存在しています。保険と投資は別物として考える。これが基本です。

保険と一体型の投資信託も手数料がめちゃめちゃ高いぼったくり商品ですから絶対に手を出しては駄目です!

 

長期を前提に投資する

複利と単利の運用結果でも解説した通り、株式投資や投資信託で複利の効果を最大限発揮して資産を最大化するには長期間の投資が前提です。

1年で資産を100倍にする、短期間で1億円稼ぐなどを目標としている場合は別の投資方法を選択しなくてはいけません。(FXなど)

20年、30年という期間(最低でも10年)で長期的な視点で投資を続けていく。

それには長期間投資し続けられる投資先を探すことも重要です。(これはそれほど大変な作業ではありません。)

 

長期投資を前提にして積立投資を続ける。

これが初心者投資家には一番おすすめな方法だと考えています。

 

ひでき
上記で投資を開始し、余裕が出てくれば個別株はコモディティ(金など)、債券などにも投資していくのが良いのかな、と思います!

 

まとめ

いかがでしたか?

『複利とは?株式投資×複利で資産を最大化する具体的な方法を解説 』をテーマに解説しました。

 

キーワードは知っていて、なんとなくイメージはできるけどイマイチはっきり分からないという方も多かったのでは?

 

本日の記事では複利とは?について具体的な元金、利回り、期間を一覧で解説しました。

単利運用と複利運用でどれだけの差が出るかが分かったのではないでしょうか?

ゆきこ
複利すげーーーー!

 

そうなんです。凄いんですw

 

また、株式投資、投資信託で複利を力を最大限活用し資産を最大化するための具体的な方法も解説しました。

複利で資産を最大化する方法
  1. 自動積立投資
  2. 手数料が低い投資信託を選ぶ
  3. おすすめ投資方法
  4. NGな投資方法
  5. 長期を前提に投資する

ネットで証券口座を開き、優良の投資信託に積立投資をする。(優良な投資信託については別の記事で解説します!)

間違っても銀行や証券会社の窓口にはいかない。また保険と一体型の投資信託にも投資しないことを解説しました。

 

ひでき

資産を最大化させるステップに1つ漏れがありました!

それは、入金力をアップさせること。

 

要するに、毎月投資に回せるお金を多く確保するということです。

そのためには、まず家計簿を付けて収入と収支の関係を明細で確認・チェックする。

その上で、無駄な支出を減らし収入>収支の状態を作り出すことが重要となります。

 

資産が貯まる家計簿の付け方に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

>>資産が激増!正しい家計簿の付け方を解説

余談

複利に関して追加情報です。

株式投資(投資信託も)において課税されるタイミングは、株式を売却した時(利益が確定した時)です。

 

要するに、この記事でも解説をした再投資し続けている間は税金が掛からないのです。

もし、単利運用で毎年売却をして利益を確定させていると、毎年税金が掛かることになります。

 

ちなみに、株式売買の利益に対する税金はざっくり20%掛かります。この税金を回避しながら再投資し続けることができるのですから、複利の効果を最大限発揮する方法が単利運用、複利運用どちらかは一目瞭然ですね。

 

ちなみに、株式投資というキーワードを出すと未だに『投資なんて危ない!』という意見があります。

確かにリスクはあります、投資した会社がつぶれてしまう可能性もゼロではありませんし、業績が悪化し元本割れしてしまうことも。

 

投資信託でも、リーマンショックなど世界的な株式暴落などが起きれば資産が大きく下落してしまう危険性も。

株式投資にはリスクはあります。

 

でも考えてみて下さい。暴落が怖いから銀行に預けておくことが正解でしょうか?日本円で持ち続けることによるリスクはないのか?

 

大きな資産があるならそれでもいいでしょう。

でも私と同じように中小企業で勤める会社員で、セミリタイヤを目標としているなら多少のリスクを負わなくては相応のリターンを得ることはできません。

 

でも最近こう思うんです。

株式投資ってリスクの割にリターンが大きくないか?って。

リスクリターン

こんなイメージ。

 

確かに、会社がつぶれる可能性はありますよ。

でも例えば、コカ・コーラやマクドナルドが10年以内に潰れますかね?強力なライバルが現れて業績が一気に悪化します?多分あり得ない。

逆に、世界中に販売網を持っていて、世界中の人口は増え続けているので今後も成長し続けると見た方が正しいのでは?

 

投資信託を見てみても、例えば記事でも解説したS&P500のインデックスファンドが10年以内に暴落して元に戻らないってことがあり得るか?と考えてみると…。

それってイコールアメリカ自体が勢いを無くして、アメリカ企業が軒並み業績悪化に陥った時ですよね?10年は最低でもあり得ない気がします。

 

それよりも、日本円の価値が下がってしまう可能性の方が高い気が…。

 

まぁ、ちょっと話が脱線したので今日はこの辺にします!

 

とにかく、まずは行動してみましょう!!