断食の効果とは?3日間のプチ断食体験で体重がヤバイことに…。

ダイエット
ひでき

サイトをご覧いただきありがとうございます!サイト管理人のアラフォー会社員ひできです!

 

この記事では、断食(だんじき)の効果やメリット・デメリット、3日間のプチ断食体験記を画像と共にお届けします。

 

あなたがもし、以下のような悩みを少しでも抱えているなら是非記事を最後まで読んでみて欲しいと思います。

  • 痩せにくくなった
  • にきび・肌荒れ
  • 便秘
  • 仕事中の眠気
  • 倦怠感

これらの悩みを一発で解決する方法が必ず見つかるはずです。

 

断食(だんじき)とは?

断食(だんじき、英語: Fasting)とは、飲食行為を断つこと。一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を絶つ宗教的行為[1]。現代では絶食療法(一般に言う断食療法)として医療行為ないし民間医療ともされている。固形物の食べ物を口にするのを止める行為であり、水すらも一切飲まない断食もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

ひでき

要するに、断食とは何も食べない期間を過ごすってこと。期間も様々だし、固形物だけを食べなかったり、水すらも絶つ壮絶なものまである。

ゆきこ
え・・?何も食べないって、確かにダイエットにはいい気がするけど・・逆に健康的には良くないんじゃ・・?
ひでき

いや、それが違うんだよ。

まず知っておいてほしいことは、断食の目的はダイエットではない、ってこと。もちろん、一定期間食べないので痩せるし、ダイエットを目的として断食をするケースもある。

では、断食の目的とは何か?それは「内臓を休ませて、本来の身体の機能をよみがえらせる」ことです。通常の食事だと、8時間程度かけて胃腸は消化をします。なのでもし、あなたの食事感覚が8時間以内だと、胃腸が不眠不休で働いていることに。(どんなブラック企業か!って)

不眠不休のブラック企業で働き続けると人間はどうなるか?そう、体調を崩したり、精神的に病んだりしますよね。

それが、胃腸でも起こっている可能性があるので、そんな過酷な環境で働き続けている胃腸を休ませましょう!というのが断食の目的。

あなたも、胃腸が弱り、体調を崩した経験はありませんか?また、最近痩せにくくなった、とか。胃腸は基礎代謝量や免疫力にも大きく影響していますし、私たちの健康を維持する上でとても重要な臓器だと言えます。

そんな胃腸にしっかりと休暇を与えて、本来の機能を取り戻してもらう。その結果として、身体も本来の働きをできるようになります。

ゆきこ

ほうほう、胃腸を休ませることが大事なんだね!

 

おすすめ”プチ断食”とは

断食のやり方には色々ありますが、おすすめしているのが、2〜3日のプチ断食です。

1日だと少し物足りないのと、3日以上になると辛すぎるので、これくらいが誰にでも始められるちょうど良い期間です。

 

ひでき

プチ断食で最初に意識しないといけないのが、

  • 断食前<予備断食>
  • 断食最中
  • 断食後

があるということ。要するに、断食の前準備と後のフォローがすごく大事なのです。

 

プチ断食のやり方【体験日記あり】

 

プチ断食前(予備断食)

実際にプチ断食を始める前には、<予備断食(よびだんじき)>の期間を必ず設けましょう。スポーツでいう準備運動のようなものです。

 

これをしないと、スポーツで怪我をしてしまうのと一緒で、内臓がびっくりして好転反応がひどくなったり、プチ断食の途中で挫折してしまう可能性が高くなります。

予備断食の期間は1日でOK。実際に断食を始める前日に予備期間を設けます。

 

ひでき

予備断食の目的は、胃腸に断食を始めるよ〜ということを伝えて、慣れさせることです。

朝食・昼食

食事の量としては、腹八分目程度に抑えるイメージです。脂っこい、高カロリー・高脂質なものは避けたほうが良いでしょう。消化に時間がかかる食品(肉類、貝類など)も避けるのが◉。

 

甘いものやカフェイン、お酒は可能なら1週間ほど前から控えたほうが良いです。

 

この期間は、とにかく消化に良いものを時間をかけてゆっくりと食べて胃腸に負担をかけないこと。

断食に向けた準備を進めましょう。

 

夕食

断食前最後の食事です!最後だからといって食いだめはNG。いつもの半分程度に抑える意識を持ちましょう。

寝る前の3時間は何も食べないことも大事です。

 

ひでき

ただし、翌日からのデトックス効果を高めるため、水分をたくさん摂るように意識をしてください!

 

断食最中ープチ断食実践記ー

 

断食3日間のVLOG

1日目

  • 開始:
  • 水分:
  • 運動:筋トレ(腕立て、腹筋、スクワット)
  • 睡眠:

2日目

  • 水分:
  • 運動:
  • 睡眠:

3日目

  • 水分:
  • 運動:
  • 睡眠:
  • 終了:

 

 

ついに断食がスタートします!断食の方法は色々で、固形物以外は水だけという人もいれば、スムージーや野菜ジューズ、ハーブティを飲む人も。

 

ゆきこ
なんかスムージーとかって健康にも良さそうだよね!
ひでき

いや・・・個人的には水(ミネラルウォーター)がおすすめかな。

 

せっかく断食で何も食べないで胃腸を休ませてるのに、スムージーとかを摂取すると胃腸を多少なりとも使うことになるし・・。なにより、高いしね。

水なら安いし本当の意味でのデトックスになるから。

 

確実に守って欲しいのは水分を多くとるということ。2リットルを基準として水分を摂るようにしましょう。水の種類は特に問いませんが、水道水よりはミネラルウォーターが良いと思います。なぜなら、水道水は一度消毒しているためです。

 

ひでき

デトックスは身体に溜まった毒素を排出することが目的なので、それを助ける水分はできるだけ不純物が入っていないほうが良い、という理由ですね。

 

個人的には、1日目の夕方が一番辛かったです。何が辛いって、やっぱりお腹が空くんです。そんな時には、塩をちょっと舐めるのと、水分を多めに摂取して気を紛らわせましょう。

 

断食終了後

断食後も注意が必要です。終わったからといって、すぐにいつも通りの食事に戻してはいけません。

  • 予備断食:ウォーミングアップ
  • 断食後:ケア(クールダウン)

のイメージで、回復食を摂取する必要があります。

 

ひでき

断食中は内臓(特に胃腸)が眠っている状態です。なので、急に脂っこい食事や、普通食に戻すと胃腸がびっくりして体調を崩す要因となる可能性が。

なので、胃腸が徐々に回復できるように、最低でも2、3日をかけて消化の良いものを少しずつ量を増やしながら食べましょう!

 

回復食におすすめの食べ物

回復食におすすめなのが「まごわやさしい」食材です。健康的な食生活を送る上で推奨されている食材の頭文字をとった言葉で、胃腸に優しく消化にもよいのでおすすめです。

 

「まごわやさしい」食材
  • ご:ごま・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など
  • わ:わかめ・ひじき・のり・昆布・もずくなど
  • や:緑黄色野菜・淡色野菜・根菜類など
  • さ:あじ・いわし・あさり・さば・鮭・まぐろ・たこ・えび・牡蠣・しじみなど
  • し:まいたけ・しいたけ・えのき・なめこなど
  • い:さつまいも・じゃがいも・こんにゃくなど

これらの食材を取り入れながら、回復食を食べていきましょう。

 

ひでき

回復食までが断食です。断食が終わった安堵感で急に爆食をすると、胃が痛くなったり、体調を崩すこともあるので注意が必要です!

 

断食を終えた素直な感想

ひでき

断食をした結果の素直な感想について少しだけ。

眠気ゼロ

特に、昼ごはんを食べた後って、眠くて仕事に集中できない!という経験がありますよね?

断食が始まってからの3日間で驚いたことは、日中に眠くなることがほとんどありませんでした。

 

眠くならないから仕事に集中できる、集中して仕事ができるから短時間で効率的に仕事を終わらせることができる。いいことしかない!

 

脳が覚醒

今回の断食体験で一番驚いたのは、脳が覚醒する感覚を味わえたこと。

 

先ほどの眠気ゼロにも関係してきますが、消化に余計なエネルギーを使っていないため、集中することにエネルギーを全て使うことができるのです。

そのため、日中は集中力がずっと持続する感じを味わえます。

 

イメージしやすいのが、質の良い睡眠を取れた朝に勉強や仕事をすると、いつもより集中できる感じかな、と。(イメージできます?)

 

ひでき

個人的には、この脳が覚醒した感覚が病み付きになった、と言うか一番驚いた効果でしたね。

 

体調の変化

とにかく、体が軽いと感じていました。

断食をする前までは、仕事も忙しく睡眠時間も短いこと、生活習慣も乱れていたこともあり、体が重い感覚があったんですよね。

 

でも、断食中はだるさや体が重く感じる感覚は一切なく、、というか体がものすごく軽く感じました。

デトックスの効果で毒素が抜けたことも体が軽く感じる要因になったのかもしれません。

 

断食前後の体重変化がヤバいww

それでは、3日日間断食前後の体重・体脂肪比較を画像を交えてみていきましょう!

 

 

 

プチ断食で気を付けること

どうですか?あなたも断食に興味が湧いてきたのではないでしょうか?

ただ、ちょっとだけお待ち下さい!断食を始める前に知っておいて欲しい情報がいくつかあります。

これを知らないと、途中で断食を断念する原因となったり、断食をやってはいけない人なのに実践してしまったりする可能性があるので断食を実践してみたいなと考えるなら必ず読んでくださいね

 

好転反応とは?

断食をすると、多くの方は「好転反応」を体験することになります。好転反応には以下のような症状があります。

  • 眠気
  • だるさ
  • 頭痛
  • 下痢
  • 腹痛

この好転反応に驚いて、断食を中断してしまう方が多いのですが、それは間違いです。

 

好転反応は、毒素や老廃物を体の外に出す過程(デトックスの過程)で起こる症状のことなのです。

なので、好転反応が起こっているということは、正しくデトックスできているという証拠。なので、「老廃物・毒素が体の外に出て行っている!」と捉えて、少しの間だけ耐えてください。

 

それまでの生活習慣が酷く、溜まっている毒素が多ければ多いほど、好転反応の症状も酷くなる可能性がありますが、長くても症状は1日程度で消えていきます。

また、定期的に断食をすることで、好転反応も出なくなります。

 

ひでき

私は”頭痛”が酷く、挫折しそうになりましたが、好転反応の存在を事前に知っていたので、耐えることができました!

 

宿便とは?

 

断食中、断食後のお通じに関しても知っておく必要があります。

”宿便”とは、腸の内側にこびりついた汚れのようなもので、普通の便よりも臭いがきつく(くさい)、真っ黒な色をしています。

 

通常の生活習慣・食生活では、胃腸が常に活動した状態で、この宿便がたまり続けてしまいますが、放っておくと以下のような症状が出ます。

  • 便秘
  • にきび・吹き出物
  • 肩こり
  • 食欲不振
  • 大腸癌(がん)

宿便が腐敗し、大腸癌になる要因ともなるため、定期的に取り除くことが大切です。

 

なんとなく想像できると思いますが、大量に摂取する水分のデトックス効果により、この宿便もすっきり取れるようになります。

そのため、真っ黒な便がでると思いますが、驚く必要はありません。

 

断食中の睡眠

 

脳のエネルギー源はブドウ糖ですが、断食中はブドウ糖を使い切ってしまいます。ブドウ糖を使い切ると、ケトン体(脂肪を代謝して作られるもの)をエネルギーとして使い出します。

 

実はこの状態こそ、脳が活性化し集中力が最高に高まり、脳がリラックスできている状態なのです。

 

ひでき

これが先ほども書いた、脳が覚醒した状態の答えなんですね!

 

そして、夜の睡眠時間にも影響が出ます。

上記にも書いた通り、断食中の日中は脳がリラックスした状態が続きます。また、胃腸も休んだ状態なので、睡眠時の回復が通常時より必要ないのです。

 

そのため、睡眠時間がいつもより短くても疲れがすっきり取れる感覚を味わうことができるでしょう。

短い時間で質の良い睡眠が取れる原因としては、睡眠時に胃腸が動くことがないというのも関係しています。

 

眠りが浅い、長時間寝ても頭がすっきりしない、という経験がある方には是非体験してもらいたい感覚です。

 

プチ断食中の運動

 

断食中の激しい運動はNGです。理由は糖質が足りずに低血糖の症状(ふるえ、動悸、意識障害など)を引き起こす危険性があるから。

 

断食中は食べ物を体内に摂取しないため、糖質が足りない状態です。運動をすると糖をエネルギー都するため、激しい運動になればなるほど血糖値の急激な低下を引き起こす危険性が高まります。

 

ひでき

ダイエットの一環として断食を始めたので、筋トレも実践してしまったのですが、頭がふらふらして大変な思いをしました・・・。

 

なので、断食中は筋トレなどの激しい運動は避けて、ストレッチや軽いウォーキングにとどめておきましょう。

 

断食をしてはいけない人

ここまで読むと断食にはメリットしか無いと感じたのでは無いでしょうか?確かに、デメッリトはほとんどありません。

 

痩せにくい体質に悩んでいたり、健康的な体を取り戻したいと考えている方には是非とも実践してもらいたいと思っています。

 

しかし、誰しもに断食を実践して良いか?と言われると答えはNOです。

 

例えば、持病があり薬を常用している方は、胃を痛める危険性があるのでやめたほうが良いですし、高い栄養価を必要とする時期の思春期までの子供にもオススメはしません。

 

また、妊娠中元から体重が著しく軽い方体調に問題がある方は医師と相談した上で断食に取り組むかを検討してください。

 

プチ断食の驚くべき効果とは

プチ断食に体内の毒素を排出するデトックス効果があることはこれまでお伝えした通り。

 

固形物を取らずに内臓を休ませながら、大量の水分を取り体内に溜まった毒素・添加物などを尿や汗によって排出することでデトックス効果を高めることが可能となります。

 

その結果、以下のような効果を実感することが可能となります。

デトックスの効果
  • パフォーマンスの改善
  • 便秘改善
  • ダイエット効果
  • 食生活の改善
  • 美肌効果

 

パフォーマンスの改善

 

プチ断食を終えた素直な感想でも書きましたが、プチ断食中の集中力はまさに「脳が覚醒した状態」を実感できます。

しかも、プチ断食を何度か繰り返すうちに、断食中以外でもこの覚醒状態か持続するようになります。

 

これは、断食により食べ過ぎや身体に悪い食事を避けるようになることが要因だと考えていますが、仕事中のパフォーマンスが著しく向上します。

 

便秘改善

断食を体験した方の多くが実感できるのが便秘改善効果です。便秘の原因となるのが「腸の働きが低下している」こと。

 

腸が不眠不休で働き続けている状態だと、疲れ切って働けなくなります。プチ断食では、そんな腸を休ませることができるので、本来の働きができるようになります。

あなたも、毎日終電、徹夜続きの仕事だと体も脳も思うように動かなくなって、パフォーマンスが発揮できなくなりますよね?腸も同じ状態だということです。

 

また、プチ断食中に空腹を感じると「モルチン」という腸のぜん動運動(食道から腸までの収縮運動)を促す酵素が出ることもわかっています。

このように、断食をすることで腸が本来持っている働きができるような状態にする効果があり、便秘も必然的に改善するというわけです。

 

ダイエット効果

直接的なダイエット効果ではなく、ダイエットしやすい体質への変化、という意味でのダイエット効果です。

 

もちろん、カロリーを摂取しないため、プチ断食により痩せる効果も期待できますが、それ以上に本来の体の力を取り戻すことによる効果のほうが大きいのです。

 

基礎代謝量に胃腸が関係していることは前述しましたが、胃腸を十分に休ませることで基礎代謝量のアップにも効果が期待できます。

私のように40代に差し掛かった男子の場合、これまでの不摂生により体ボロボロ。特に体内を酷使し続けてきた可能性が高いのです。

 

その結果として、基礎代謝量も落ち、内臓も疲れ切って皮下脂肪がたまりやすい体質になっているため、まずは本来の体にリセットする。ダイエットはそこから始めましょう。

 

食生活の改善

この効果が個人的には一番良かったかな、と思っています。プチ断食をすることで、味覚や体内の様々な感覚が変わってくるのです。

 

例えば、少量でも満腹感を得られたり、濃い味派だったのに薄味派になったりしました。

これは、、プチ断食により身体が本来持っている機能を取り戻した証拠。外食などジャンクフードなど体に悪い食事に慣れてしまった舌がリセットされた証拠。より健康な身体へと近づいているのです。

ファスティング(断食)を繰り返すことでこの効果は倍増していきます。

 

ひでき

私も、断食を何度か繰り返しているうちに、どんどん身体が変わっていくのを実感しました。

外食よりも家の食事、食べ過ぎもなくなり少食になっていきました。

何より、食べ過ぎによるパフォーマンスの低下がこれほどまでにひどいんだ、、ということを実感できたことが一番大きかったな、と思っています。

 

美肌効果

プチ断食をすることで、腸の中の毒素や老廃物が綺麗になくなり、腸がすっきりした状態となります。

 

すると、血液がサラサラになり血行が良くなります。血行が良くなることで、栄養が身体の隅々まで行き届き、肌のくすみが取れたり乾燥肌も改善、美肌になるという流れです。

また、胃腸が免疫力に大きく関連していることをご存知の方も多いのでは無いでしょうか?プチ断食で胃腸を休ませることで、本来の力を取り戻すことができるため、免疫力アップにも効果が期待できます。

 

ニキビや肌荒れは免疫力が低下すると発症しやすいと言われているため、これらの発症を抑制する効果もプチ断食には期待できると言えます。

  1. デトックス
  2. 血液サラサラ、血行改善
  3. 美肌効果、ニキビ改善

 

プチ断食体験記まとめ

いかがだったでしょうか?

3日間のプチ断食を実践した体験記を元に、正しいプチ断食の方法や効果についてお伝えしました。

あなたのダイエット生活にもプチ断食を取り入れて、健康的な身体を取り戻しませんか?

 

この記事の要点を最後にまとめておきます♩

プチ断食まとめ

要点

  1. 2,3日のプチ断食がおすすめ
  2. 予備断食、断食後が重要
  3. 断食は水分を多めに摂取すること
  4. 頭痛などの好転反応は毒素が排出されている証
  5. 妊娠中、薬を常用、体調に問題がある方は医師に相談を

断食で得られる主な効果

  1. パフォーマンスの改善
  2. 便秘改善
  3. ダイエット効果
  4. 食生活の改善
  5. 美肌効果